治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6Case7Case8
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

歯内療法(歯の神経の治療)

Case1 : 下顎臼歯部の感染根管に対して、非外科的治療で進めたケース

術前レントゲン写真
術前レントゲン写真

夜も寝られないくらい歯茎が痛むとのことで来院されました。 検査の結果、歯の根の先に膿が溜まっていました(黄色点線の部分)。 歯の神経の不適切な治療によるものと思われます。 ここまで重度な症例であれば、抜歯処置の可能性についても考えなければなりませんでした。

術後レントゲン写真
術後レントゲン写真

患者様の御協力により、幸いにも抜歯をすることなく、 しかも外科的処置に頼ることなく治療を終えることが出来ました。 術前のレントゲン写真と比較してみても黒い透過像(術前レントゲン黄色点線部)が消失し、 あきらかに改善傾向がみられています(青矢印部分)。

治療期間:
約2ヶ月(歯の神経の治療のみ)
費用:
約4千円程度(保険適応)
リスク:
治療により、一時的に腫れたり痛みが出る場合があります。また、治療の結果治りが悪く、抜歯になる可能性もあります。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。