治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6Case7
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

歯周形成外科

Case1 : 前歯部の歯茎が下がり、知覚過敏や審美障害を起こした歯牙に対して治療を進めたケース(1)

治療前
治療前写真
治療後
治療後写真

歯茎が下がると、知覚過敏などの症状や、歯が他の歯に比べて長く見えるなどの審美障害が起こります(黄色矢印)。
このような場合、自分の体の歯茎の一部を移植することにより、審美・機能回復させることが可能です。



治療期間:
約6ヶ月
費用:
歯ぐきの移植手術:12万円
リスク:
歯ぐきの移植手術は、移植片(採取した組織)が壊死するリスク、使用薬剤のアレルギーなどがあります。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。