治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6Case7Case8
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

インプラント療法

Case1 : 下顎臼歯部の欠損に対して骨造成処置を行い、インプラントを埋入して機能回復させたケース

治療前
治療前写真

下顎臼歯部(奥歯)にインプラントをして欲しいと来院されました。

レントゲン写真
レントゲン写真

このレントゲン写真と、多層断層撮影法という検査により、インプラントを埋入する骨の高さは十分にあるのですが、 骨幅が足りないことがわかりました。

骨造成処置
骨造成処置写真

骨造成処置を行い、インプラントを埋入出来る環境を整えます(GBR法)。

実際の術中の写真はこちら1

インプラント埋入処置中
インプラント埋入処置中写真

必要な環境が整っていることを確認して、インプラント埋入手術を行います。

実際の術中の写真はこちら2

治療後
治療後写真

理想的な環境を整えることにより、長期的な維持安定を得ることが可能です。

レントゲン写真
レントゲン写真


治療期間:
約1年
費用:
GBR(下顎の骨造成手術):12万円
インプラント治療:46万円
FGG(歯ぐきを厚く頑丈にする手術):10万円
リスク:
GBR、FGG、インプラント治療を行う事により、手術中、術後感染すると、粘膜の裂開、顎骨を含めた歯周組織へのダメージを与える可能性があります。そのリスクを避けるために、CT撮影、サージカルステントなどの画像診断、治療用の専用器具利用などで対応しています。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。