治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

歯周病治療

Case1 : 初期歯周病に対して口腔衛生指導(歯磨き指導)で治療を進めたケース

口臭及び歯茎から血が出るとのことで来院されました。 全体的な治療計画としては、部分的に歯周外科処置を必要としましたが、 ご本人と相談した結果、歯磨きとメインテナンスプログラムを実行されることで、 外科処置を行わず治療を進められた患者様です。

初診時(来院時)
初診時(来院時)写真

見かけ上はそんなに歯茎が腫れたりしていませんが、口の中全体に歯石がついており、 歯ブラシで軽く触っても出血する状態でした。 前歯には、歯からはみ出した状態で詰め物がされて磨きにくい状態が続き、 さらに状況を悪化させる原因となっていました。

口腔衛生指導後
口腔衛生指導後写真

様々な治療方法を計画し患者様と相談した結果、外科的処置を併用せず、 可能な限り低侵襲で痛みの少ない治療法を選択され、 メインテナンスプログラムにて継続的に受診・管理されています。

治療前後の比較
治療前後の比較写真

初診時(来院時)と治療途中である口腔衛生指導を行い2週間後の比較写真です。 歯茎の状態が徐々に改善傾向にあるのが伺えます。このように、歯科治療は歯科医のみで行うものでなく、 患者様の御協力の下に成り立っています。

治療期間:
約3〜4ヶ月
費用:
約5千円程度(保険適応)
リスク:
歯周病治療の結果、歯ぐき(歯肉)が痩せたり、歯の間が黒く見える、歯に物が挟まる、しみるなどの症状が出る場合、これを副作用と感じる人もいらっしゃいます。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。