治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6Case7Case8
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

歯内療法(歯の神経の治療)

Case4: 上顎臼歯部の感染根管に対して、外科的処置を併用して治療したケース

初診時(治療前)
術前写真

「上の奥歯が噛めないほど痛む」という理由で来院されました。クラウン(差し歯)の中の虫歯の問題や歯の神経の問題により、歯茎にイボができていました。可能な限り歯を抜きたくないとのことで、歯の神経の治療を行った後、特殊な歯周外科手術を併用しての治療を行うこととなりました。



←矢印(黄色)が指す歯グキに、イボみたいなものができています。

歯周外科手術 手術中
術中写真

特殊な歯周外科手術を行っています。

実際の術中の写真はこちら

手術後
手術後写真

治療前(初診時)の写真と比べてみると、歯グキにあったイボが無くなっているのがわかります。通常の歯の神経の治療を行い改善がみられなかったため、特殊な歯周外科手術を行っています。

治療前後のレントゲン写真の比較
術後レントゲン写真

初診(治療前)レントゲン写真をみると、歯の神経の治療がきちんとされないままクラウン(差し歯)がかぶせられていることが原因で、歯グキにイボが出来た事が予測されました。黄色矢印の部分に問題を抱えています。
治療後のレントゲン写真の青矢印部と治療前のレントゲン写真の黄色矢印を比較すると改善傾向がみられます。

治療後
治療後写真

この患者さまは、歯の神経の問題と歯グキの問題を抱えた「歯内−歯周病変」という複雑な経過をたどった、非常にリスクの高い症例でした。抜歯(歯を抜く)処置の可能性も否定できない状態でしたが、通常の歯の神経の治療では改善がみられなかったため、特殊な歯周外科手術を併用することによりリスクを減少させることができました。「歯のイボも消えて、なんでも噛める元の状態になった」と喜んでいただくことができました。

治療期間:
約6ヶ月(歯の神経と、歯ぐきの手術治療のみ)
費用:
約1万円程度(保険適応)
リスク:
治療により、一時的に腫れたり痛みが出る場合があります。また、治療の結果治りが悪く、抜歯になる可能性もあります。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。