治療について

・歯周病治療
Case1Case2Case3Case4
・歯周組織再生療法
Case1
・歯内療法
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6
・審美歯科
Case1Case2Case3Case4
Case5Case6Case7Case8
・歯周形成外科
Case1Case2Case3Case4Case5Case6Case7
・矯正治療
Case1Case2Case3Case4
・インプラント療法
Case1Case2Case3Case4

矯正治療

Case2: 歯周病が原因で歯並びがおかしくなったケース

前歯の隙間が開いてきた、歯並びを治したいとの理由で来院された患者様です。診査させていただいた結果、歯周病が原因で歯並びが変化していることがわかりました。歯周病の治療を行い、その後、歯列矯正を試みた治療例です。


歯と歯の間の隙間はきれいになくなり、下の前歯の歯並びと併せてきれいになりました。



歯ぐきの状態もきれいに治っていることがわかります。


下の前歯も、上の前歯に併せてきれいな歯並びになりました。


歯周病になると、歯を支える骨が弱くなるため、歯並びも悪くなり「出っ歯」になることがあります。土台である歯周組織の治療を行わないで歯を動かす矯正治療を行うと、状況を悪化させることがわかっています。この患者様は希望により非抜歯矯正(歯を抜かないで行う矯正治療)を行っています。奥歯のかみ合わせは極力変化させずに約5ヶ月間の矯正治療期間で終えることができました。矯正装置の装着期間も短く歯並びもきれいになり喜んでいただき治療を終えることができました。



治療期間:
約9ヶ月(矯正治療期間)
費用:
矯正治療費:約80万円
リスク:
矯正治療は、歯ぐきが痩せる、顎が一時的に痛む、歯がしみる、噛み合わせが一時的に不安定になる、歯が予測通りに動きづらく、期間、費用がかかる、歯磨きがしづらく、治療期間中に虫歯になりやすいことがある、などがありますが、十分に確認しながら予防、対応しています。

治療費、期間、リスクはあくまで参考(目安)であり、患者個々の状態により異なる場合があります。結果を保証するものではございませんので、必ず主治医と相談してください。